岐阜大学病院は病院内で発生するあらゆるデータを一元的に蓄積し、各部門で情報を共有している。抗生物質の適正使用やがん治療の副作用対策で素晴らしい成果をあげている。