機械学習は人の判断をまねることにもよく利用される。例えば、構造計画研究所が提供している「目視検査/目視判断の自動化ソリューション」がある。専門家の“目”による判断を、機械学習によって代行しようというソリューションである。