オムロンは産業用の制御機器などを生産する草津工場で、生産工程の見える化による効率改善に乗り出した。2013年度に取り組みを始め、品質などのトラブルと、各工程の問題との関係を迅速に突き止めることができるようになった。現在1時間当たりの生産数量を7%改善させることに成功しており、最終的に2~3割の向上を目指している。