宇治茶や抹茶スイーツを製造・販売する伊藤久右衛門は13期連続の成長を続けている。その背景には、「数字を活用して現状を分析し、仮説と予測を立てる文化」が会社全体に広がっていることがある。しかし、過去には、データ処理のピーク時には業務が滞るなどデータ処理に大きな問題を抱えていた。