SBIホールディングスは、2014年度にグループ横断でビッグデータの分析や活用を本格化する。グループの主要な約15社が中心となりWebサイトでの顧客の行動を分析。相互に顧客を送客したり、商品をレコメンドしたりして新たな収益源を作る。ホールディングス内にグループ横断の組織を設置し、ノウハウの共有や連携を実現していく。