飲料メーカーのダイドードリンコは、自動販売機を利用する顧客の視線を分析することで、商品サンプルの陳列方法や商品パッケージを改善している。アイトラッキングと呼ぶ装置を活用し、商品を見つめる約2秒間の視線の動きをデータとして取得する。あわせてデータを活用してテレビコマーシャルも見直し、主力の缶コーヒーの売り上げを2~3割増やしたとみられる。今後はコーヒー以外の飲料にも展開していく。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。