飲料メーカーのダイドードリンコは、自動販売機を利用する顧客の視線を分析することで、商品サンプルの陳列方法や商品パッケージを改善している。アイトラッキングと呼ぶ装置を活用し、商品を見つめる約2秒間の視線の動きをデータとして取得する。あわせてデータを活用してテレビコマーシャルも見直し、主力の缶コーヒーの売り上げを2~3割増やしたとみられる。今後はコーヒー以外の飲料にも展開していく。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>