ヤマトホールディングス(HD)が2015年1月から順次稼動させる次世代基幹システムにおける、ビッグデータ活用が明らかになった。顧客と密にやり取りすることで得られる業務データを活用することで「宅急便」を再配達するケースを減らし、満足度の向上とコスト削減を両立させる。