ヤマトホールディングス(HD)が2015年1月から順次稼動させる次世代基幹システムにおける、ビッグデータ活用が明らかになった。顧客と密にやり取りすることで得られる業務データを活用することで「宅急便」を再配達するケースを減らし、満足度の向上とコスト削減を両立させる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>