エネルギー情報サービス会社の米オーパワー(Opower)はオープンデータを活用し、家庭ごとに最適化した省エネ策をアドバイスしている。家庭におけるエネルギーの使用量、気象、機器の効率データなどを掛け合わせて分析し、省エネ対策のレポートを発行している。オーパワーは世界7カ国、85のエネルギー事業者とパートナー契約を結んで収入を得ている。それらのエネルギー事業者の1600万人以上の顧客は基本的に無償で省エネ対策レポートを利用できる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>