米P&Gは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の投稿など非構造化データをマーケティングに活用している。商品の価格や使い心地、機能などのバランスが消費者にどのように受け止められているのかを心理動向(センチメント)として調査・分析し、マーケティング活動に組み込んでいる。