米P&Gは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の投稿など非構造化データをマーケティングに活用している。商品の価格や使い心地、機能などのバランスが消費者にどのように受け止められているのかを心理動向(センチメント)として調査・分析し、マーケティング活動に組み込んでいる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>