小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズは、米アマゾン・ドット・コムなどネット通販事業者に対抗するため、オンラインでの顧客接点の拡大を図っている。