米メトロポリタン・リージョナル・インフォメーション・システムはオープンデータを活用し、対象とする不動産を周辺情報を加味して評価するサービスを提供している。不動産業者であればMRISのサービスを活用し、不動産物件の近隣の犯罪発生率、学区の小学校一覧、大気や水など環境品質に関するデータを取得し、物件を探している顧客に提供できるようになる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>