米グーグルの提供する各種サービスは、いずれもバックエンド側でなんらかの形でビッグデータの技術を利用している。中核事業の検索サービスでは米国内で67%のシェアを持ち、月間検索数は137億件に達する。