みかん生産の早和果樹園は2011年5月、インターネットを活用した農業支援システムの実証実験を開始した。約5000本の樹木に固有のID番号を付与、センサーや情報端末から気候や作業履歴など様々なデータを収集し、作業効率と品質の改善を図る。最終目標は「農業ナレッジマネジメントシステム」の構築だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>