兵庫県の城崎温泉は2010年11月、異なる7つの外湯で共通の入場券として使えるシステム「ゆめぱ」を導入した。最大の狙いは、宿泊客の利便性を高めると同時に温泉街の活性化を図ること。そのために、FeliCaチップ内蔵の携帯電話やICカードを使ったキャッシュレスでの外湯の入浴と、外湯の利用状況を収集・活用するための環境を整えた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>