がんこ寿司など約100店舗の和食チェーンを展開するがんこフードサービスは、従業員の行動を「見える化」することでサービス業の工業化に取り組んでいる。仲居の和服の帯に、加速度などを測定するセンサーを装着。店内でどのような行動を取ったかを、逐一記録し分析している。高性能なセンサーを使うことで、歩行速度や滞在時間、「立つ」「座る」といった動作を把握できる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>