税金はどこへ行った?(Where Does My Money Go?、以下WDMMG)は、市民が収めた税金を政府や地方公共団体がどの目的に、いくら使っているのかを可視化し追跡できるようにするプロジェクトである。サービスを提供するのは「Spending.jp」で、横浜市議会議員、エンジニア、デザイナー、政策立案アドバイザーなどが参加している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>