リクルートは2012年にビッグデータの専門部隊によるビジネス部門の事業支援を本格化させた。2012年度に13の事業に対して年間100件の支援を目標にしていたが、半期で120件を超えた。