ヤフーは利用者のサイト内での行動履歴などを、サービス改善や新事業の開発に生かしている。2013年春には利用者が入力した検索キーワードの履歴を用いた景気動向の予測を開始。今後は、複数サービスの情報を掛け合わせるなど、データを多角的に活用していく考えだ。