ヤフーは利用者のサイト内での行動履歴などを、サービス改善や新事業の開発に生かしている。2013年春には利用者が入力した検索キーワードの履歴を用いた景気動向の予測を開始。今後は、複数サービスの情報を掛け合わせるなど、データを多角的に活用していく考えだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>