2012年2月に開通した「東京港臨海道路」の東京ゲートブリッジは、橋の鋼材のひずみなどを検知するためのセンサーを設置している。リアルタイムに橋の劣化状況を監視し、安全管理や保守コストの削減に生かす。