大阪ガスでは、約10人のデータサイエンティストを擁するビジネスアナリシスセンターが、社内の事業部門などに対して年間約100件のソリューションを提案している。