京都大学は2012年秋から、理化学研究所(理研)のスーパーコンピュータ「京」を使った産学共同の創薬に取り組んでいる。スパコンのシリコン半導体で処理することから、「インシリコ創薬」とも呼ばれる。膨大なデータベースから候補となる化合物を絞り込めるようになり、新薬開発の成功率を引き上げる。1品目当たりの開発費用を100億~250億円と現在の半分以下に引き下げるのが狙いだ。