京都大学は2012年秋から、理化学研究所(理研)のスーパーコンピュータ「京」を使った産学共同の創薬に取り組んでいる。スパコンのシリコン半導体で処理することから、「インシリコ創薬」とも呼ばれる。膨大なデータベースから候補となる化合物を絞り込めるようになり、新薬開発の成功率を引き上げる。1品目当たりの開発費用を100億~250億円と現在の半分以下に引き下げるのが狙いだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>