エスエス製薬が2011年11月、「カゼミル+」と呼ぶ新サービスを開始した。Twitter上のつぶやき(ツイート)を抽出・分析して、風邪の流行情報を提供するサービスである。社会貢献性の強いサービスでブランド認知度アップを図り、風邪薬で業界第4位というポジションを上げる狙い。