埼玉県を中心に事業を展開するイーグルバスは、路線バスの採算を改善するため、運行中のバスの「見える化」を図った。各種センサーで得たバスの現在位置と乗客の乗降情報のデータから、区間や停留所ごとの利用状況を把握し、経営判断に活用した。