NTTドコモは2012年12月、自治体向けの災害監視支援サービス「防災テレメータサービス」を始めた。全国の携帯電話基地局などを介して収集した気象データを活用するもの。防災において重要な河川の水位や遠隔画像の観測、分析を可能にする。

 NTTドコモは2012年12月、自治体向けの災害監視支援サービス「防災テレメータサービス」を始めた。全国の携帯電話基地局などを介して収集した気象データを活用するもの。防災において重要な河川の水位や遠隔画像の観測、分析を可能にする。

 同社は基地局などに設置した環境センサーで構成する「環境センサーネットワーク」を持ち、各所で温度や湿度、風向、風速、降水量、雷、花粉の情報を観測・蓄積している。環境センサーの設置拠点は全国約4000カ所。気象庁が全国約1300カ所に設置しているアメダスの観測所数の3倍以上に相当する。

 それまでNTTドコモは、環境センサーのデータにアメダスの降水量や、約850カ所の気温や風向のデータを組み合わせ、高密度・高精度な気象実況を可能にしてきた。今回の防災テレメータサービスでは、これらの情報に加え、ライブカメラの画像などから浸水状況や土壌水分を算出して自治体向けに提供する。

 将来的に環境センサー設置数を現在の2倍以上の9000カ所に増やすと共に、情報分析ソフトの高度化を図ることで、ゲリラ豪雨をはじめとする局地的な気象変動に伴う河川の氾濫(はんらん)の予測や、震災時の津波の前兆観測も可能にする考え。

 2012年のサービス開始と同時に利用を始めた愛知県知多郡武豊町では、同町内の4河川(石川、浅水川、堀川、新川)の水位や画像、八つのため池(長成池、中山新池、アサリ池、六貫山新池、別曽池、豆池、高代池、久原中池)の水位、武豊町役場における気象状況(雨量、風向、風速)などの情報を専用Webページ「武豊町 防災テレメータ(気象・河川等水位)情報サービス」から確認できるようにしている。