JRの駅における自動販売機の運営を手掛けるJR東日本ウォータービジネスは、販売データなどの分析によってヒット商品を誕生させることに成功した。年間2億本にのぼる販売データと、購入に利用する電子マネーから得たデータを組み合わせて分析することで、これまで気付かなかった大きな顧客ニーズが浮かび上がったという。