JRの駅における自動販売機の運営を手掛けるJR東日本ウォータービジネスは、販売データなどの分析によってヒット商品を誕生させることに成功した。年間2億本にのぼる販売データと、購入に利用する電子マネーから得たデータを組み合わせて分析することで、これまで気付かなかった大きな顧客ニーズが浮かび上がったという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>