京都・宇治で抹茶を手掛ける伊藤久右衛門は、2013年1月に酒の製造・販売に本格参入した。その際に活用したのがビッグデータ分析だ。