農業機械メーカーのヤンマーは2013年1月、農機遠隔管理システム「SMARTASSIST」の販売を開始した。農機に付けたセンサーからの情報を蓄積・分析し、故障を未然に防ぎ、保守管理サービスの効率化を図る。国内では初の農機向けのM2Mシステムだ。