農業機械メーカーのヤンマーは2013年1月、農機遠隔管理システム「SMARTASSIST」の販売を開始した。農機に付けたセンサーからの情報を蓄積・分析し、故障を未然に防ぎ、保守管理サービスの効率化を図る。国内では初の農機向けのM2Mシステムだ。

 農業機械メーカーのヤンマーは2013年1月、農機遠隔管理システム「SMARTASSIST」の販売を開始した。農機に付けたセンサーからの情報を蓄積・分析し、故障を未然に防ぎ、保守管理サービスの効率化を図る。国内では初の農機向けのM2Mシステムだ。

 農機のエンジンやモーターには電子部品が多く使われており、燃料噴射量を制御したり異常時にアラートを発したりする仕組みをすでに備えていた。だが、このような制御情報は作業が終わると破棄していた。これを収集・蓄積して活用するのがSMARTASSISTである。

 大型トラクターやコンバインにセンサーを装着し、無線通信を使って稼働状況をヤンマーのデータセンターに送る。具体的には、農機のエンジン回転数や排気温度、レバー操作回数などの情報をGPS(全地球測位システム)のデータと組み合わせて送る。時系列に蓄積した大量のデータを分析することで、故障の予防に役立てる。消耗品の販売や保守管理サービスも効率化できる。製品寿命を延ばすことができれば、顧客の満足度を高めることも可能だ。

 農機が「いつ」「どこで」「どんな作業をしたか」を自動で記録しセンター側で管理している。顧客はこれらの情報を取得することで、作業日誌を作成する手間が軽減できる。また、あらかじめ利用する時間や地域を設定しておけば、農機がそれ以外の時間や場所で動いた時点で盗難と判断。顧客に警告が送られる。

 2013年初頭に北海道地区で導入を始め、順次対応エリアを拡大していく。

 ヤンマーは今後、「SMARTASSIST」を建設機械や小型船舶など他の事業にも拡大する予定だ。そのために数年前から各製品の制御コントローラーを統一し、同じプロトコルを使って制御情報を蓄積できるよう素地を整えてきた。2015年までには累計1万台を対象に稼働状況のデータを収集し、在庫管理や生産計画にも活用していく。

この記事をいいね!する