ブリヂストンは2012年9月、超大型タイヤ用維持管理システム「B-TAG」を発売した。鉱山や建設現場で利用される車両向けのラジアルタイヤ(ORR)に取り付けたセンサーから情報を収集し、タイヤの状況を運行管理者に送信する。故障予防などのメリットを通じて顧客満足度を高め、最大手のシェアをさらに拡大する狙いだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>