パナソニックはスマート家電など、今後の主力商材の販売やマーケティング、開発やサポートなどあらゆる局面でビッグデータを活用する体制作りに乗り出した。2013年1月、システム部門に当たるコーポレート情報システム社の社員2人を渡米させて、ニューヨークの大学のコースでビッグデータ活用の専門家であるデータサイエンティストとしての育成を始めた。2015年には全体で50人規模まで拡大する。

 パナソニックはスマート家電など、今後の主力商材の販売やマーケティング、開発やサポートなどあらゆる局面でビッグデータを活用する体制作りに乗り出した。2013年1月、システム部門に当たるコーポレート情報システム社の社員2人を渡米させて、ニューヨークの大学のコースでビッグデータ活用の専門家であるデータサイエンティストとしての育成を始めた。2015年には全体で50人規模まで拡大する。

 パナソニックは2012年夏、顧客がスマートフォン経由でレシピなどの情報を取得したり、顧客の利用状況をセンター側に送ったりできる、スマート家電に本格参入した。減少を続ける特約店「パナソニックショップ」に代わり、顧客の情報を直接把握できる新たなチャネルとなる。スマホやインターネット経由で収集した利用状況のデータを、会員サービスの顧客情報と照らし合わせることで、年代や性別、地域などにより異なる顧客一人ひとりの使い方を見極めることができるからだ。

 スマート家電のデータのほか、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や各種の統計データなど各種の外部データソースからも情報を収集。自社内の基幹業務システムのデータとあわせて分析することで、新たな顧客ニーズの発見を目指す。太陽光発電システムや大型バッテリーの稼働状況を取得することで、エネルギー最適化のビジネスにも生かしていく考えだ。

 システム部門には大きく3つのビッグデータ活用組織を創設する。

 まずデータサイエンティストを主体とする「分析企画」、ITツールの操作を教えるなどのサポートができる人材を配置する「分析推進」を設置。「データ管理」は、複数部門のデータをまとめて加工しやすくしたり、SNS への書き込みに代表される非構造化データを蓄積・加工したりする。

 パナソニックはデータサイエンティストの拡充とシステム部門の体制構築、ITによる情報収集基盤の整備によって、全社で情報を有効活用する体制を2015年をメドに整える。

この記事をいいね!する