トヨタ自動車は2013年6月、クルマの走行情報などのビッグデータを収集し、交通や物流の改善、防災対策などに利用できるサービスを開始した。企業や自治体、スマートフォンを利用する一般ユーザーが活用することを想定し、全面展開する。現時点では活用ニーズを探るのが狙いだ。