アシックスはランニングシューズのカスタムオーダーシステム「iO-SYSTEM(アイオーシステム)」をリニューアルし、2010年10月からランニング専門店など約30店に展開を始めた。同システムは、店頭に設置した3次元足形計測機とパソコンを使って顧客の足の形をデータ化し、最適な靴型を自動的に割り出すもの。その結果からソールのタイプやデザインを選び、シューズを作る。ランニングブームを商機と捉え、「自分だけのこだわりシューズ」を作りたいという顧客ニーズを取り込む狙い。