横浜銀行はEBM(イベント・ベースド・マーケティング)と呼ぶシステムを活用し、主要顧客の入出金や金融商品の購入履歴などを分析、窓口や訪問先での営業活動に役立てている。2013年度中には京都銀行など地銀6行でEBMシステムの共有も開始する計画だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>