あいおいニッセイ同和損害保険は、顧客のクルマの走行距離に応じて保険料が決まる自動車保険「PAYD(ペイド)」を提供している。対応端末を搭載したクルマから情報を取得して、毎月の保険料を算出する。走行距離の少ない顧客に対して保険料を割り引くことで、公平感を高める狙いがある。