九州の大手流通小売業トライアルカンパニーは、従業員の作業ログを収集し分析。作業の標準化と問題点の改善を行うことで、年間約100店舗の出店による成長を続けている。