エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とCD販売のローソンHMVエンタテイメント(HMV)は2012年8月、「Twitter」を使ったキャンペーンを共同で実施した。Twitterの利用者が「行きたい場所」と「そこで聴きたい曲」をつぶやくと、三菱商事グループのロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイントサービス「Ponta」のポイントが当たるというもの。

 このキャンペーンにはH.I.S.とHMVがそれぞれのアカウントで運用するTwitterのフォロワー増を見込んだマーケティング施策という側面もあるが、自社だけでは読み解くことが難しい顧客の嗜好(しこう)を浮かび上がらせる狙いもある。

 キャンペーンに参加した利用者のつぶやきを分析した結果、旅行と音楽の好みは親和性が高く相互送客につながる、といった相乗効果が期待できることが分かった。これを受けてH.I.S.とHMVは2012年12月から3回にわたり、「Facebook」上に開設している各社の公式ページを「いいね!」すると、旅行やクーポンが当たるスクラッチくじを引ける共同キャンペーンを展開した。

 さらに、Twitterを通じて両社に集まったデータとPontaのデータを掛け合わせて分析することで、これまで見えなかったような顧客の嗜好が、より具体的に浮かび上がってきた。例えば、HMVでロック音楽のCDを購入する顧客は、H.I.S.でどのような旅行に申し込む傾向が強いのかといったことが把握できるという。H.I.S.は今後も、自社データにとどまらず社外データの入手と活用により、マーケティングや販売を強化していく考えだ。

この記事をいいね!する