京都の行政におけるデータの提供や活用が進んでいる。観光情報のオープンデータ提供のほか、人工知能(AI)を活用した行政の効率化など官民の連携を前提としたビッグデータ活用に取り組む。