東急建設は現場で使う車両をIoT(Internet of Things)化し各種の稼働データを取得し、作業効率の向上や環境対策に取り組んでいる。2015年春から約25台の規模で試験を行っており、今後本格採用を検討する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>