新日鉄住金ソリューションズは2016年、鉄道車両の安全性監視システムを発売する予定。日々収集する車輪の脱線係数データなどを基に、機械学習で突発異常などを自動検知する。