米国空軍(United States Air Force)は、同軍が所有する車両の維持コスト削減と、保守・購入サイクルの適正化を目的に、センサーデータを活用している。2012年より、すべての車両に順次センサーを取り付け、データを収集・分析。エンジンの稼働状況や燃料消費などから故障の予兆を把握して事前にメンテナンスをしたり、稼働率が低い車両を他の基地へ再配備したりするなどの施策を講じている。