人工知能(AI)など、データ活用人材の不足が叫ばれてはや5年。人材が集まる場の創出や活用のノウハウの共有など、独自の工夫で乗り越える取り組みが始まった。特集の2回目は地方におけるAI人材の獲得や教育の工夫を見ていく。