電力変換装置などを手掛ける東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、生産ラインを改善し、IoTに対応した工具を活用することなどで、1つの部品を生産するのに必要な時間を4割削減した。ポンプやボイラーなどで利用される電力変換装置を生産しており、府中事業所(東京都府中市)で今年3月に本格的に稼働し、神戸事業所(兵庫県神戸市)にも導入する計画だ。