トンネルを建設する際の工事に、人工知能(AI)を活用するシステムの試験運用が始まった。総合建設会社の安藤ハザマが、日本システムウエア(NSW)と共同で開発した「トンネル切羽AI自動評価システム」がそれだ。