今回の衆議院議員選挙では与党(自民・公明)が3分の2を超える313議席を獲得した。公示前には、自民の苦戦を伝える週刊誌の独自予測や専門家の分析が散見されたが、公示2日後の10月12日に新聞各社が電話調査にもとづき「与党で300議席」と報じて空気が一変した。これら一連の情勢報道から、メディアの選挙予測を検証する。