NTTコミュニケーションズと三井化学は9月、ガスの製造過程において20分後のガス濃度を誤差±3%で予測するアルゴリズムを共同開発した。ガス濃度の異常を知らせるシステムなどへの活用を想定する。